在腦海裡瘋狂波亂的所有傢伙,我把她們寫在這裡。
page top
「神無月の巫女」挿入歌Suppuration -core-
我認識Kotoko姉さん太晩了!最憾恨是没買到初回盤,只買到了通常盤OTL....
這首的形容詞…應該是很酷~~
我喜歡音樂性兇悍(?)的歌。


Kotoko3.jpg

ニコニコ動画:http://tw.nicovideo.jp/watch/sm3823145
YouTube:http://tw.youtube.com/watch?v=htfwqSmuj3g

Album:Re-sublimity
アーティスト: KOTOKO 作詞:KOTOKO 作曲・編曲:高瀬一矢
発売日: 2004.11.17
GNCA-0005 初回限定版(特典DVD付き)  GNCA-0006 通常版
発売・販売元:ジェネオンエンタテインメント 潤・004 介錯/神無月の巫女製作委員会
説明:TVアニメーション「神無月の巫女」挿入歌

あなたの言葉 白い闇の止め
その目で見て来た憂いの境界を
この胸でそっと砕いて
記憶は 絡まる銀河
何も望めない傍観者達 その無数の瑠璃の玉
哀し気にじっと見守ってた
                你的言語、純白的將黑闇停止,
                用那雙眼睛、看著這個憂鬱的世界,
                悄悄在我心裡將它們擊碎。
                記憶像是被索套的銀河,
                沒有任何期望的旁觀者們,
                一動不動的、哀傷的注視著那些無數的瑠璃玉石。

たった今 その手で subversively 鈍く光る欠片
握りしめるよ この手に痛みが走っても
こんなにも止めどなく inundation 落ちる感情の膿
本当の夜明けが来るまで泣いていいよ
                才在手中顛覆毀滅、遲鈍的 閃耀著的碎片,
                正握在手中,即使手心不斷傳來刺痛。
                卻即使這樣、也無法停止、淹沒落積的感情膿瘡。
                但直到真正的黎明到來、才可以哭泣。

私の言葉 ぼやけた空想画
この目で見て来た空虚な平凡を
その胸へそっと転写(うつ)した
触れてはいけないものに心飲み込まれ
どうにも出来ないと下書き破り捨て
悲鳴だけずっと木霊してた
                我説的是模糊的空想畫面、
                見到的是空虚平凡,
                全都悄悄攀寫在胸口。
                將那些不可能觸碰的到的東西,呑入心裡。
                怎樣都不會到來、草圖撕裂又被棄捨,
                樹魂只是不斷的發出悲鳴。

たった今 この手に glow oozy 赤く光る涙
二人が隠し続けた悲しみの残像
こんなにも美しく so, transiently 叩き割られた影
本当の夜明けが来る頃 星が見える
                才在手中燃燒滲漏、鮮紅刺目的涙滴,
                二個人藏起不斷延續的悲傷殘像,
                這被敲開覓見的影子,如此美麗、如此短暫,
                當真正的黎明到來、見得到星光。

たった今 心を繋いだ 淡く強い光
数えきれない思いが飛び立って行くよ
こんなにも美しく queer tenderly 刻み込まれた傷
千年後どこかで出逢っても探し出せる
                才連繫著内心、隱隱的強烈光芒,
                飛向無數無法切割的思念,
                這麼樣的絶美,吊詭的温柔、刻印著傷痕,
                在千年後也能相遇、尋找的到。

たった今 その手で subversively 鈍く光る欠片
握りしめるよ この手に痛みが走っても
こんなにも止めどなく inundation 落ちる感情の膿
本当の夜明けが二人を照らし出すから
                才在手中顛覆毀滅、遲鈍的 閃耀著的碎片,
                正握在手中,即使手心不斷傳來刺痛。
                卻即使這樣、也無法停止、淹沒落積的感情膿瘡。
                因為只有真正的黎明到來、才能映照我們二人。

flow out oozy suppuration...
I can't get out inundation...
                停止流動燃燒化膿...
                我無法逃出淹沒...

發表留言

只對管理員顯示


© 蜜拉的金色與黑色. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG